アテネオ大学の就職フェア「Ateneo Career Fair 2018」に参加!

2018年03月06日

「アルムナビ」を運営するハッカズークには、東京にくわえて、フィリピンのケソン市にも拠点があります。そしてハッカズーク・フィリピン法人を社長として率いるPaoloが教鞭をとるアテネオ大学主催の就職フェアに参加して来ました。

フィリピンとアテネオ大学の簡単な説明は、過去の記事「フィリピンの超名門校アテネオ大学潜入&アルムナイまとめ」をご覧ください。

Ateneo Career Fair 2018

02月26日(月)~03月03日(土)の6日間にわたって開催される「Ateneo Career Fair 2018」、てっきりエアコンのきいた室内でやるものだと思っていたのですが、なんと屋外でやるんです。ブースの設営を開始した午前8時の気温は28度でしたが、午後1時頃には気温は35度まで上がり、かんかん照りでした。毎日約50社がブースを出展し、数千人の学生がフルタイムやインターンシップの仕事を探しに来ます。


その後、汗だくでぐったりすることを知らず、まださわやかなチーム

キャンパスの中心で開催され、PLDTやSmartがメジャースポンサーとなり、ハッカズークのようなスタートアップ企業よりも、大企業のブースが多く見られました。


Smartなどのフィリピンの大企業のブース

そんな中で、ハッカズークのようなスタートアップに学生が集まってくれるのかドキドキしていたのですが、沢山の学生が話を聞きに来たり応募をしに来たりしてくれました。

Computer Science、Management Information Science、Computer Engineeringなどの理系のエンジニア中心でしたが、経営学などの文系学生も足を運んでくれました。

最終的にハッカズークへの応募は200名近く!ここから優秀な新卒やインターンを採用して、「Official-Alumni.com」の開発をスピードアップしていきます。