【アルムナイ・ステッカー】レジェンダ・コーポレーション株式会社

2018年03月22日

「アルムナビ」を運営する株式会社ハッカズークでは、企業とアルムナイ(企業OB/OG)をつなげる取り組みの一環として、企業名入りの「アルムナイ・ステッカー」を作成して、アルムナイ・リレーションへ取り組む企業に提供する活動を行っています。

この企画は、企業にとっては「アルムナイとの絆の見える化」として、アルムナイにとっては「出身企業の見える化」によってビジネスシーンにおける会話のきっかけとなる気軽なツールとして、活用してもらうのが狙いです。

この記事執筆時点で、すでに3社とのコラボレーションを行っており、今回はそのうちの1社であるレジェンダ・コーポレーション株式会社のステッカー配布の模様をレポートします。

_

アルムナイ・ステッカーを、企業とアルムナイが再会するきっかけに

_

2018年02月19日(月)、レジェンダ・コーポレーション株式会社にて、「卒業生をTSUNAGU」事務局より、アルムナイである船岡和雄さんへのステッカーが授与されました。

船岡さんは、1997年12月にレジェンダ・コーポレーション株式会社に入社され、2015年07月に退社、株式会社ジャンティサービスを起業され、代表取締役を務めています

現職の社員の方との写真撮影を終えた船岡さんに、アルムナビ編集部がお話を伺いました。

_

アルムナイ・インタビュー

_
――レジェンダグループ在籍時は、どんなことをされていましたか?

入社したのは、レジェンダがまだ10名くらいの規模で、当時のオフィスは渋谷のマンションの一室でした。初日の持参物としてスリッパを指定されたことは今でも鮮明に憶えています。まだ会社の体を十分なしていなかったので、「ThinkPadとモバイルカード を買ってこい」と言われて、社長からお預かりした現金25万円を握りしめて、秋葉原に買いに出かけました(笑)。入社直後から最初の6年間は顧客先に常駐しての採用支援業務で、そのプロジェクトの現場責任者をやっていました。2003年の後半から徐々に本社を拠点とし、採用常駐サービスのマネジメント、その後採用支援事業部の副事業部長をしました。最後の2年間は、レジェンダ・テクノロジーの部長として、システム事業の責任者をやっていました。他に、今でも続いていると聞いていますが(編集部注: 続いているそうです)、社内報「tsunagu」の立ち上げと初代編集長という肩書きもあります(笑)。

――そうしたレジェンダでのキャリアを通じて、どんな成長や学びがあったと思いますか?

20代は大手流通チェーンの企業人事でしたので、レジェンダに入りそれまで携わったことのなかった営業活動を経験できたことが一番です。最初の受注をし、当時の営業責任者の中尾英明さん(現クレスコ株式会社社長)と6軒はしごして、飲み明かしたことは忘れられない思い出です。また最大で80名規模、1ビリオンの売上の事業マネジメントを経験させてもらったことは大きな自信にもなりました。

――レジェンダでの18年間で印象に残っていること、嬉しかったことがあれば教えてください。

たくさんのお客様、プロジェクトに携わらせていただきましたが、やっぱりいろんな意味で大変だった案件が強く印象に残っています(笑)。細かい1つ1つはあえて申しませんが。やっているときは心痛の日々でしたけど、今となっては武勇伝です(笑)
レジェンダにいて、良かったことは多くの優秀な方々と出会えたことに尽きます。上司、先輩後輩、部下、お客様、パートナー様など、皆さん尊敬できる方々ばかりでしたから、出会いは今でも大きな財産です。また部下が何かを成し遂げて、それを契機に成長していくプロセスを見るのは格別にうれしかったですね。

――船岡さんは、レジェンダを退職されて2年半経っていますが、その間レジェンダに遊びに来たり、一緒に何かをされたりはありますか?

退職してからも、ありがたいことに一部の方にはお声がけをいただいて、一緒にご飯を食べたり、飲んだりはしていました。最近は業務委託で、協力関係にもあります。

――現在船岡さんは、株式会社ジャンティサービスを起業され、代表取締役を務めていますが、どんなことをされているのでしょうか?

現在は採用支援サービスを中心に手がけていますが、お客様の採用をより軽快なものとするために、採用戦略や採用の業務基盤のリフォームやリエンジニアリングを軸にサービスをしています。また宿泊業や印刷業など採用に苦戦されている企業様の採用問題の解決をメインテーマにしています。将来的には軽快化をコアコンピタンスとした事業体にしたいと思っています。

現在のオフィスは東新宿にあり、実はレジェンダのオフィスから一回も曲がらずにお越しいただけます。アルムナイの皆さんも、現役社員の皆さんもぜひ遊びに来てください。

――採用支援サービス以外でレジェンダと一緒に他にやってみたいことはありますか?

私自身が成長させてもらった分を十分還元できていないという想いもありますので、逆にレジェンダのお役に立てることがあれば、気軽にお声がけして欲しいですね。レジェンダが培ってきた人事領域における総合力と当方が持っている経験値を組み合わせて、レジェンダとジャンティサービスそれぞれのさらなる成長につながる化学反応が生まれれば、言うことなしです。さまざまな企業においてRPOやHR Techを始めとする採用支援サービスへの希求は高まっています。答えは一つではないでしょうけれど、新しい何かを生み出したいです。

――最後に、他のアルムナイの方に一言お願いします。

レジェンダ退職後はもちろん、実は退職前からも私はアルムナイの方々と友だち付き合いを続けてきましたが、「レジェンダのアルムナイ」ならではのリレーションやネットワークになっているかというと、まだまだなのかな、と。

「アルムナイ自身が経験したサービス=レジェンダのサービス」と認識されている印象で、今のレジェンダがどんなサービスをしているかを、おそらくアルムナイのほとんどは知りません。レジェンダのアルムナイの多くは顧客側にいますので、「レジェンダ20周年の次を作る」今は、アルムナイ・リレーションを築く本当に良いタイミングだと思います!

これを見ているレジェンダ・アルムナイの皆さんも、何か想いがあれば「卒業生をTSUNAGU」事務局に相談するのもよし、私もステッカー何枚か預かりましたので ThinkPad に貼るもよし(笑)、ぜひぜひ交流していきましょう。

_

アルムナイ・ステッカーどこに貼りましたか?

_
船岡さんは、さっそくPCにアルムナイ・ステッカーを貼られていました。もう思い出の ThinkPad じゃなく、Surface でしたが……(笑)。

_

アルムナイ・ステッカーを作って配布してみませんか?

_
このようにアルムナイ・ステッカーを通じた、企業とアルムナイとの関係づくり、あなたの会社でもやってみませんか。株式会社ハッカズークでは、ただいま企業からのお申込みをお待ちしています。詳しくは、アルムナイ・ステッカーキャンペーン・ランディングページをご覧ください。

⇒ お申し込みはこちら